前へ
次へ

まさかのハイクラス求人で転職に成功しました

地元の会社でずっと働き続け、転職を決めたのは49歳の時です。
正直年齢的にも転職を考えるには非常に微妙でした。
後10年で退職になるわけですから、悩みますよね。
しかし、私は転職を決めました。
自分の立場が上になっていったことによって、より経営陣との考えの違いが明らかになったからです。
若い頃なら自分がなんとか変えようと考えたかもしれません。
しかし、自分はもう50歳になります。
それならばもっと違う世界を今の内に見ておくのも良いのではないかと思ったのです。
そこで、まずは求人サイトから見始めました。
しかし、アラフィフ管理職にピッタリの求人なんてなかなかありません。
自分は一から何でもやるという気持ちでいても、年齢と立場がありますからね。
それは自分でもよくわかりました。
そんな時に見つけたのが管理職をメインにしたハイクラス求人サイトです。
ハイクラスということで、立場だけではなく求人を出している会社自体も有名な会社が多いです。
まさに日本を代表する会社がたくさん求人を掲載していました。
そんな中、一流の大手企業とまさかのマッチング。
コーディネーター曰く、先方が希望している人材の条件に私がピッタリなのだそうです。
これには驚きました。
というのも、業界こそ全く違いますが今進出しようとしている内容がまさに私が経験してきたこと。
私の考えも先方の考えと方向性がマッチしていると聞き、調べてみると驚きました。
まさに自分が以前の会社で考えていた方向性そのものだったからです。
その後はトントン拍子に話がまとまり、私は一流企業の管理職として転職することが出来たのです。
本当は地元の会社を希望していたのですが、妻と一緒に引っ越しました。
今は新天地にて日々充実した時間を過ごしています。
転職した会社は福利厚生も良いですし、環境も良いため妻も大喜び。
ハイクラス求人ということで緊張もありましたが、やる気のある部下にも恵まれとてもやりやすいです。
転職して本当に良かったですね。

Page Top